• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2015年3月28日 土曜日

ペットのオーラルケアセミナー

3月12日に、先生の奥さん(獣医師)・中村・山崎の3人でLION主催のペットのオーラルケアセミナーに行ってきましたhappy01

今回のテーマは歯周病です。歯周病は、ワンちゃん、ネコちゃんで最も多くみられる口腔内疾患です。



なかなかこのように頭蓋を並べて見る機会はないですが、、、、犬種によって、こんなに違いがあるんです。パグはびっしり詰まってますね。パグやフレンチ・ブルドッグのような短頭種の犬は、この頭の特徴から、特に呼吸器系の病気も多いし、夏場は熱中症にもなりやすいので、これからの季節、特に注意が必要です。

話がそれましたが。。。。

flair歯周病とはflair
歯をささえる歯周組織に発生する炎症性の疾患。歯の周囲に歯垢・歯石が形成されることに始まり、初期の歯肉炎から、炎症がさらに拡大した歯周炎へと進行する病気の総称です。

歯周病は、歯の問題だけでなく、全身の健康に影響を与えます。

歯周組織が破壊されてしまうため、進行を止めて回復を促す処置を行っても、退縮した歯肉をもとの健康な位置まで戻せないので、予防が大切になってきます。

《歯周病で現れる行動と症状》

   ☆行動☆                 
・頭部をよくふる          
・食餌中にご飯をよくこぼす        
・歯やあごをガチガチならす       
・口の周りがぬれている         
・やわらかい物しか食べない       
・前肢で口をいじる            
・口を床や地面にこすりつける       
                     
   ★症状★
・口臭が強くなる
・唇が腫れている
・前肢に血液やヨダレの跡がある
・食べ物に血液が付着する
・食べる時に痛がる
・歯に歯垢、歯石がついている
・歯肉が赤く腫れている
・歯肉から出血している

《自宅での予防方法》
歯ブラシなどのオーラルケア用品を使用して歯垢・歯石の蓄積を防ぎ歯周病を予防する。

《オーラルケアの仕方》
STEP1:口周りや歯に触られる事に慣れさせる
 ・優しく顔や口周りに触れる→ご褒美
 ・唇をめくり歯や歯茎に触れる→ご褒美
 ・歯茎に沿って奥歯の方へ指を入れる→ご褒美
ポイント 触らせてくれたらご褒美をあげるnote

STEP2:ガーゼやデンタルシートで擦り磨き
 ・湿らせたガーゼやデンタルシートを指に巻き、最初は歯や歯茎にタッチし、慣れてきたらやさしくこすってみる。
  →ご褒美
 ・歯(裏側も)と歯肉をしっかりこする→ご褒美
 奥歯は湾曲した歯並びを指先で感じながら奥まで磨く




ポイント 磨かせてくれたらご褒美をあげるnote

ちなみに、LIONからワンちゃん、ネコちゃん用のデンタルシートが出ています。





STEP3:歯ブラシを使った歯磨き
 ・唇を少しめくり毛先を歯と歯肉の間に軽くあてる→ご褒美
 ・歯ブラシを横に揺らすようにして、前歯を磨く→ご褒美
 ・犬歯、奥歯と1本ずつ丁寧に磨く→ご褒美
 ・奥歯は歯の形に沿って磨く
ポイント 歯ブラシできたらご褒美をあげるnote

《歯磨きの際の注意点》
・無理はしない。
・しっかり磨こうとして押さえつけない
・短時間で終わらせる(嫌がって終わらせると嫌な記憶が残るので、パッとして、次は次回挑戦)
・歯磨きをしている間はやさしく声をかけ続ける
・STEP1からSTEP3まで、少しずつ進めていく
・少しでもできたらご褒美をあげる、褒めるnotes

《歯ブラシの使い方》
・歯ブラシの持ち方・・・・ペングリップ(余計な力が入りにくく、小回りがきき、毛先を細かく動かせるため、歯にきちんとあてられる。細かい振動で磨ける)


             
・ブラッシングの方法・・・・歯と歯肉との境目あたりを前後にゆらすようにして磨く。
歯肉は歯ブラシで軽くマッサージするように。




・歯ブラシの当て方



・歯ブラシの力の入れ方



高齢になると、歯石がたまったり、口臭がしたりと、お口のトラブルが増えてきます。オーラルケアをしても、多少はつくと思いますが、していない場合より、明らかに歯石の量はすくないですし、症状は軽いです。
無理のない程度にチャレンジしてみてはいかがですか?



写真は、セミナーでもらった冊子から引用させていただきました。

                                      山崎 さやか

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2015年3月20日 金曜日

☆珍しいワンちゃんNo.7☆

こんにちは、スタッフの橋本です。
ここ最近は20度を超える日もあってびっくりしましたwobbly
暖かくなって来たのでそろそろ私の大好きな桜が咲き始める頃なりますheart04
去年は桜を見に行った日は生憎の雨...。今年は快晴の時に行けたらいいなと思いますsign01

今回も可愛いワンちゃんをご紹介します!


No.7  F・フクちゃん (ペキニーズ)♀ 3.7kg





(原産)中国
(毛)
分厚い下毛と長くて硬めのまっすぐな上毛のダブルコート。耳と尻尾に飾り毛がある。毛色に特に決まりはなく、アルビノとレバー以外は認められる。
(歴史)
中国の歴代王朝の宮廷で門外不出とされ愛玩犬として飼育・改良されていた。
阿片戦争の時イギリス軍が連れ帰り、しばらくはイギリスでも宮廷や貴族だけに飼育されていたが、1893年にショーへ出陳され短吻種ブームを作った。
最近の研究でシーズーやパグの祖先である事が分かってきている。
(性格)
犬の中で一番犬らしくない(猫のよう)と言われている。飼い主に忠実であるが独占欲が強く頑固、気まぐれでマイペースである。
自分から喧嘩を仕掛けることはないが決して引き下がることをしない。愛玩犬ではあるが抱かれることを好まない。
(手入れ)
下毛が絡みやすいのでブラッシングをこまめにかけてあげる。鼻の周りのシワの間に異物が溜まりやすいのでいつも清潔に保つ。
(気をつける病気)
・暑さに弱いため熱中症
・体型から椎間板ヘルニアになりやすい。
・目が大きく出ているので角膜を傷つけやすい。


フクちゃんはお家にいる他の猫ちゃん、ワンちゃんの診療によく付き添いで来ています。なのでフクちゃん自身はあまり診察はしません(笑)
ですが病院にも自分から入ってきて、名前を呼ぶとフワフワのしっぽを振りながら来てくれます。嬉しいそうに、あのうるうるした眼で見つめられるとたまりませんlovely
院内も怖がらずに歩き回り...診察室を通って受付にも入ることもあるのでよく飼い主様に注意されていますcoldsweats01
病院ということで怖がる仔の方が多いですが、フクちゃんの様に来院して喜んでくれる仔がいるのは本当に嬉しい事ですね。


3月も後半に入り狂犬病予防接種の時期が近づいて参りました。
これから病院もどんどん忙しくなってきますのでスタッフ一同頑張ります!happy02
橋本 早紀



投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2015年3月 5日 木曜日

羊・クリスマス帽子の作り方

暖かくなったり、寒くなったり・・・風邪ひきそうになりますねsweat01

でも、ちらほらと梅が咲いてメジロが梅の蜜を吸ってるのを見て春だな〜と思いますhappy02
早く暖かい日が続いてほしいですねnotes

今日は、昨年のブログで載せた羊のかぶり物と、クリスマス用の帽子の作り方を紹介しますsign03
簡単で、尚かつ安く作れちゃいますsign01
(クリスマス用帽子)
1.100均にてクリスマスらしいカチューシャを購入
 (犬の頭1周半の長さのリボンや針と糸がなければ購入)
2.カチューシャを半ば強引にもぎとるhappy01ワラ (この時に穴があくので穴をふさぐように縫います)
3.リボンを2で縫った上に縫い付ける(縫い付ける時の糸は2重にすると強度が上がりいいですよ)

中村は家にベルがあったのでつけてみました^^ 色々な飾りをつけて個性的にするのもいいですねnotes
 
顎の下で結びます!(息苦しくないか様子をみて・・)
※つけた時は目を離さないようにお願いします!リボンや飾りを飲み込まないよう、注意して下さい

羊帽
1.100均にて白いフワフワのネックウォーマーを購入
(ゴムもなければ購入)
(薄茶・白・ピンクのフェルトがなければ購入)
(100均になければ、マフラーなど市販のもので頭に合わせ切る。端を縫い合わせ輪にする)
2.端を折り返し縫う(私が買ったのは端がゴムが入りそうな空洞があったので裏側になる部分に少し穴をあけてゴムを通しました)写真でいうと手でさしてる部分に穴をあけます
3.裏側に少し穴をあけてゴムを一周グルッと通す(ゴムを入れるのは片方の端のみで大丈夫です)
4.通したら頭にフィットするぐらい(少しきついかなぐらいがちょうど良いです)
 ゴムをしぼってゴムの端どうしを縫う。 縫った部分を穴の中に隠す
5.フエルトで耳や角を作りバランスをみて縫い付ける
(私はリアルにしたかったので、耳と角は別に作って、綿を入れました。そして、角は刺繍糸で縛って立体感を出してますhappy02その出来上がった、耳や角を帽子に縫い付けました!)


完成

 
中村の飼い犬(ゴマ)に合わせて作ったのでさくらやメロンちゃんには大きめですsweat01

ゴマに被せて写真を撮り、年賀状にしましたhappy02
来年の猿のかぶり物も作りましたらアップしますねsign03
中村 薫



 
 






投稿者 さとう動物病院 | 記事URL