• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2018年9月 4日 火曜日

ライム病

今年の夏は暑かったですね〜sweat01

だいぶ涼しくなってきましたねconfident 


最近、有名人が罹患していると話題になったライム病dash以前かいたズーノーシス(人畜共通感染症)では軽くしかライム病に触れていなかったので、今回ライム病について、詳しくまとめたいと思いますsign03


まずは、マダニについて・・・・。
マダニは、8本脚からなり、硬い外皮に覆われています。マダニは、ハーラー器官とよばれる感覚器を持ち、それによって哺乳類から発せられる二酸化炭素の匂いや体温、体臭、物理的振動などに反応して、草の上などから生物の上に飛び降り吸血します。マダニの唯一の栄養源は生物の血液です。マダニは2度の脱皮を経て(幼ダニ期・若ダニ期)成長し、成ダニ期を迎えます。


幼ダニ・・・体長 約1mm。最適な温度下では20〜30日間で卵から孵化して生物に寄生。3〜7日間の吸血後、地表に落下し、脱皮をし若ダニに。
若ダニ・・・体長 最大で約1.6mm。3〜7日間の吸血後に地表に落下。脱皮をし成ダニに。
成ダニ・・・体長 ♂♀ともに3〜4mm。約1〜2週間かけて吸血する。飽血した(吸血していっぱいに膨らんだ)♀メスマダニ♀は地表に落下して産卵を開始。2〜3週間の間に2000個〜3000個の卵を産み、その生涯を終える。


ライム病

野ネズミやシカ、野鳥などを保菌動物とし、マダニに媒介されるスピロヘータ(糸状でらせん形をした細菌)の一種、ボレリアの感染によって引き起こされるズーノーシス(人畜共通感染症)です。
北アメリカやヨーロッパ、日本などで夏から秋にかけて発生が多い。日本では北海道や長野県、標高800m以上の山岳地域などで発生がみられる。
アメリカ合衆国では、特にニューヨークで発生が多い。

病原体

ボレリアという全身約10μm、直径0.2〜0.3μmのらせん状のスピロヘータ。

マダニは数日間吸血し続け、若虫では数ミリ、成虫では1センチ程度まで飽血する。

症状

第1期 感染初期(stageⅠ)
マダニの咬着より数日から数週間後に、刺咬部を中心とした遊走性紅斑がみられる(紅斑が出ない人も約25%いる)。この遊走性紅斑は、初期症状として特徴的な症状です。時間の経過とともに徐々に拡大していく。リンパ節の腫脹や筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠感などのインフルエンザに似た症状を伴うこともある。体調の悪さと疲労感は数週間続く。

第2期 播種期(stage Ⅱ)
体内循環によって病原体が全身に拡散することにより、皮膚症状、神経症状(髄膜炎や脊髄神経根炎、末梢性顔面神経麻痺)、心疾患、角膜炎、関節炎、筋肉炎など多彩な症状が現れる。不整脈などの循環器症状、リンパ球腫などがみられることもある。

第3期 慢性期 (stage Ⅲ)
感染から数ヶ月から数年後に、慢性萎縮性肢端皮膚炎、慢性関節炎、慢性脳脊髄炎、角膜炎などを生ずる。重症な関節炎は、特に膝関節にみられる。腫れや痛みを伴う。


予防

・山や茂みの多い場所へ行く時は、足首からふくらはぎにかけて露出しないようにズボンの裾を止めたり、裾を靴下の中に入れ込む。
・ダニの付着がわかりやすい明るい色の衣服を着用し、休憩時など皆でダニの付着の有無を確認する。


マダニの咬着がある場合、無理に自分で除去しようとすると、マダニの口器が皮膚の中に残ることがあるので、早めに受診し、医療機関で除去してもらうようにして下さい。



       山崎 さやか



投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2018年8月 4日 土曜日

お盆休みのお知らせ

厳しい暑さが続きますねsuncoldsweats02
体調を崩さないようお気をつけくださいconfident

hospitalお盆休みののお知らせですhospital

8月10日(金)通常通り診察
8月11日(土)〜 8月14日(火)午前のみ診察
8月15日(水)休診

8月16日(木)からは通常通りの診察となります


さとう動物病院


投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2018年6月30日 土曜日

新人さん☆

初めまして!!
4月から新しく入りました宗近ですcatface
まだまだ出来ない事や、分からない事が沢山ありますが
一生懸命頑張ります。
よろしくお願いしますcherry


投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2018年6月29日 金曜日

血液検査の機械が新しくなりました♪

こんにちわhappy01 今日は大雨でしたね・・・・rain 

今回は新しい機械の紹介ですshine

少し前より、血液検査の機械が新しくなりましたnotes




こちらが、その機械ですeye 今までより、検査できる項目が大幅にアップしましたupup

今までの、腎臓、肝臓などの内臓チェック、貧血はないか、白血球数などの検査に加え、電解質、UPC(尿タンパク/クレアチニン比)、T4(甲状腺)、フルクトサミン(血糖値マーカー)の検査もできるようになりましたnote




電解質検査でわかること

それぞれの電解質のバランスの崩れを調べて体内の障害を診断します。
Na (ナトリウム)・・・・からだの水分を調節
K (カリウム)・・・・筋肉や神経に関係
Cl (クロール)・・・・酸・塩基平衡、浸透圧の維持に関与



UPC検査(尿タンパク/クレアチニン比)

腎疾患では、尿にタンパクが混じってきます。尿検査では、試験紙に尿を垂らして行うペーパー試験も同時に行いますが、ペーパー試験よりもUPC検査の方が、正確な判断ができます。
そして、腎不全の早期発見には、血液検査よりも尿検査の方が優れています。


T4(甲状腺ホルモン)検査

高齢になってくると、犬では甲状腺機能低下症、猫では甲状腺機能亢進症が多くみられるようになります。
甲状腺とは、気管のすぐそばにあり、代謝に関わる甲状腺ホルモンを分泌しています。

dog 犬 dog  甲状腺機能低下症の症状

・ボーッとしている事が多い
・無気力
・食べる量は変わらないのに太ってきた  
・左右対称の脱毛      etc

cat 猫 cat 甲状腺機能亢進症の症状

・多飲多尿
・怒りっぽい
・痩せてきた
食欲増加         etc


フルクトサミン

採血時からさかのぼって2〜3週間の平均の血糖値を測定できます。



健康診断も行なっております。
何種類かコースを用意しておりますので、健康診断希望の方は、スタッフまでお声かけ下さいhappy01


山崎 さやか











投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2018年5月31日 木曜日

猫の社会化について

仔猫の社会化という言葉を聞いたことはありますか?
これから新しくネコちゃんを飼われる方には是非知っておいて頂きたい内容になります。

普段は穏やかなネコちゃんが、突然豹変することがあります。
それはなぜでしょうか...?

【猫の攻撃性の原因】
・遺伝
・脳疾患
・環境

今回はこの環境の中から、飼育状況について説明します。

house近年のネコちゃんはほとんどが室内飼いhouse
 理由 → ・事故を防ぐため
      ・外猫との接触を避けるため
            →・ケンカによる外傷
             ・感染症の予防
      ・近隣住民への配慮      など

house室内飼いの特徴house
 ・家族以外の人と接触が無い
 ・外を知らない
          など

cat室内飼いのネコちゃんに多い性格cat
 ・怖がり
 ・人見知り
 ・知らない場所がストレス    など
      ↓
   豹変につながる!

そうならないために必要なのが、社会化トレーニングです!
社会化トレーニングとは、外界の刺激に順応し、家族以外の人や動物と良好な関係を築けるようになるために行うトレーニングをいいます。

【社会化トレーニングを行う時期】
 生後2週齢〜7週齢がベスト
この時期は性格形成に大切な時期であり、様々な刺激を与える事で、人慣れしやすくなると言われています。この時期に身につけた性格は、生涯変わりにくいとされています。(社会化トレーニングはこの時期以降も継続すると良い)

【社会化トレーニングの方法】
①人に慣れるトレーニング
②猫の飼育頭数別トレーニング
③移動のトレーニング


①人に慣れるトレーニング
・訪問→知り合いの家や動物病院に遊びに行く
・来訪→知り合いに遊びに来てもらう
・散歩→公園、家の周り  など
  ・訪問先・家に来た知り合いになでてもらう
  ・おもちゃで遊んでもらう
  ・おやつを与えてもらう
  ・家の周りの景色を見せる
  ・外の音・臭いに触れさせる
などを行うことで人を好きになります

*注意 逃げないように!
・家の窓、ドアは閉まっているか確認
・キャリーケースに入れる
・逃亡の恐れのある場合は、洗濯ネットに入れてキャリーケースに入れる
・リードもあるが、リードは不安が残る


②猫の飼育頭数別トレーニング

cat多頭飼いcat
[長所]・猫同士のコミュニケーション
      本来母猫や兄弟猫との接触により身につけていく
    ・適度な運動
      猫同士で遊ぶ事によって適度な運動が得られる
[短所]・伝染病の蔓延
      伝染病に蔓延の心配があるので、2〜3頭が良い(多くて4頭)

cat1頭飼いcat
[長所]・人との関わりが深くなる
    ・伝染病の蔓延の心配がない
[短所]・猫同士のコミュニケーションがとれない
    ・運動不足になりがち
  →飼い主さんが猫の代わりをして短所をカバー
           (多頭会飼いの長所を理想とする)
   危害を加える恐れのない猫ちゃんの家に仔猫の頃から連れて行く

*注意 人間の手で遊ばせない!
噛み癖がついてしまう事があるので、必ずおもちゃを用いる
 ・猫じゃらし
 ・ボール
 ・ぬいぐるみ
(おもちゃは猫に見えやすい色を選ぶ)
よく見える→黄色・青・緑
 見えない→赤

③移動のトレーニング
・ハウストレーニング→キャリーケースに入る練習
・ドライブ→外界の刺激(車の音・振動 等)
・何も無くても動物病院に連れて行く→慣れ

(ハウストレーニングについては、以前のブログで詳しく書いていますcat
   → http://www.sato-ac.net/blog/2018/03/post-86-1431028.html )

*注意 逃げないように!
・キャリーケースに入れる
・洗濯ネットも活用する

hospital動物病院へ来院する際hospital


キャリーケースは天井部が開くタイプが良い
 ・出し入れがスムーズ
 ・ケースに入れたまま診察可能(症状による)


洗濯ネットは少し大きめのものを

人に対して警戒心の強い子は、病院に来た際に十分な検査や治療が出来なかったり、病院に行くストレスでさらに体調が悪くなってしまう場合もあります。
そういった事を防ぐ為にも、是非社会化トレーニングを行なって頂きたいと思っています。
子猫を連れて来られた飼い主様には、社会化についての冊子をお渡ししていますので、内容はこのブログと同じになりますが、目を通して頂けると幸いですhappy01

田篭

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL