• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

猫の病気

2015年10月10日 土曜日

猫伝染性腹膜炎(FIP)について

猫がかかるかもしれない、『猫伝染性腹膜炎(FIP)』という病気について書きたいと思います。

 【症状】 猫伝染性腹膜炎の特徴的な症状には、2つのタイプがあります。

◎ウエットタイプ・・・腹水や胸水が溜まる
             これによって呼吸困難になることも
             また、脱水や貧血がみられ、
             黄疸・嘔吐・下痢・便秘を繰り返す

◎ドライタイプ・・・ 腎臓・肝臓の障害
           神経症状(てんかん、性格の変化、異常な行動、歩行困難、
                感覚麻痺、排泄・顔面の麻痺など)
             目の障害がよくみられる

  ウエットタイプとドライタイプでは、ウエットタイプの方が多いようですが、
  この2つのタイプの中間型がみられることもあります。

 【原因】 猫伝染性腹膜炎は『コロナウイルス』というウイルスが原因です。
                   ですが、コロナウイルスに感染したからといって、この病気を発症する訳ではありません。

      『猫腸コロナウイルス』は、糞便を介して口や鼻から感染します。
      このウイルスは腸管に感染するウイルスで、軽度な下痢などを示します。
                   感染率がきわめて高く、このウイルスを持った猫は多くいると言われていますが、
                   猫に対してほとんど病原性を示さず、無症状な事も多いです。

                   では、どうして猫伝染性腹膜炎になってしまうのかというと、
      まだ分かっていない事も多いのですが、
     
              ●「猫腸コロナウイルスが何らかの原因によって、猫伝染性腹膜炎ウイルスに突然変異するのではないか?」

      ●「猫腸コロナウイルスの毒性に強弱があるのではないか?」

      などと考えられています。
                   しかし、猫伝染性腹膜炎を発症してしまうきっかけとして共通して多いのが、
      多頭飼いでストレスの多い環境で暮らしている猫や、仔猫・老猫、他の病気にかかっているなどの
      きわめて免疫力が低い状態にある猫だと言われています。

 【治療】 まだ解明されていない点も多く有効な治療法がなく、症状を和らげる対症療法になります。

      ●二次感染を防ぐための抗生物質の投与

      ●免疫力を高めるためのインターフェロンの投与

      ●点滴

      ●胸水や腹水が溜まっているときは、必要に応じて除去する      など・・・


今回紹介した、猫伝染性腹膜炎は発症するととても恐ろしい病気です。
しかし、有効なワクチンがありません。そこで、

  ☆猫コロナウイルスの感染が認められた場合、他の猫との接触を避ける

  ☆ストレスをかけない様にする(多頭飼いの場合は特に気をつける)

  ☆屋外で飼うと、猫白血病ウイルス・猫エイズなどのウイルスに感染する危険性があります。
   これらのウイルスは猫伝染性腹膜炎を発症させてしまう可能性があります。
   なので、できるだけ室内で育てるようにしましょう。

これらの事を心がけるようにしましょう!

    
                  
     
     

     
     
     



投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2014年6月16日 月曜日

初ブログ

こんにちは、初めまして!スタッフの橋本と田篭ですhappy01
今回は、少し前に保護され病院に来た猫ちゃんについて書かせて頂きます!

その猫ちゃんは、病院に運び込まれた時には意識がなく、かなり痩せていて、体温も低く呼吸もやっとという瀕死の状態でした。

何日も動く事ができずスタッフ共々心配な日が続きました...。

ですが、先生の治療のかいあって今ではとっても元気です!!
↓↓↓



小さい体で必死に生きようとする姿、そして子猫の生命力の強さに感銘を受けました!

最初の頃は「シャー!!」と威嚇してきていましたが今は撫でてあげるとゴロゴロと甘えてきてすっごく可愛いですheart


この猫ちゃんを保護した女の子は、なんとかこの子を助けようと別の方に頼み、その方も快く引き受け病院に連れて来られました。
もし女の子が保護しなければ、もし病院に来ていなかったら、きっと助からなかったでしょう。
この子の命を助けて頂いた方々に感謝です!!

  橋本・田篭                                                                                                                                                                院長のコメント                                               
 今回の子猫は、来院時、かなり痩せていて、低体温、低血糖を起こし意識不明の重症でした.正直私は諦めかけた事もあります.しかし、この仔猫は500グラムという小さい体にも関わらず私の予想に反して生き延びました.あらためて生き物の生きようとするすさまじさをこの仔猫に教えられました.                            それとこの仔猫を見つけた女の子とその子に頼まれて病院に連れてきた方がいるということです。この人々の姿。自分以外の命のためにこんなに必死になる姿。なんとすばらしい姿なんだと感動します.動物病院に動物をつれて来られる方はそんなのはあたりまえだというかもしれません。しかし世間を見渡すと人を疑いたくなるようなことがたくさんあります。でも動物病院に動物を連れて来られる方の姿を見るとやはり人は本来こんなに優しい生き物なんだとあらためて思います.獣医になってよかったなとつくづく思います.このような人々の思いを大切にしたいと思います.皆さんのおかげで私は成長しています。あらためてこの場をおかりしてお礼申し上げます.今後ともよろしくお願いいたします.          
 
                                                        

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2012年12月 1日 土曜日

猫の感染症

猫の感染症
猫には様々な感染症があります。しかもいまだに感染症が原因で命をなくす猫が多いという現実があります。それは野良猫が多いことやワクチンで予防できない感染症が多いためなどです。ワクチンではすべての感染症を防ぐことはできません。しかしワクチンをすることによって感染症になる確率を減らすことはできます。ワクチン以外で感染症を減らすためにできることをあげます。
    野良猫との接触をさける
    寒さ暑さの対策
    適度な運動
    バランスのよい食事

猫のエイズについて
上記の野良猫と接触をさける一番の目的はこの猫エイズと猫伝染性白血病を予防するためです。
野良猫と喧嘩をして咬まれたりするとこれらの感染症にかかる確率が高くなります。感染してウイルスが増殖すると猫も免疫力の低下を起こしやすくなります。そのため様々な症状が出てきます。例えば眼やに鼻水がとまらない、下痢が続く、口内炎がひどくなるなどが主な症状です。治療法はありません。潜伏期間と言って症状が出ない期間があります。人ではその期間に発症を抑える薬を使用したりしますが猫ではまだ使われていません。何よりも予防が優先されます。そのためには外に出さないことが一番です。

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2012年11月21日 水曜日

猫の病気をご紹介していきます。

しばらくお待ちください。

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

カレンダー

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31