• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

犬の病気

2015年11月 9日 月曜日

チワワのかかりやすい病気

チワワは1800年代にチャイニーズ・クレステッド・ドックと絶滅したテチチという小型犬の血統を継いで改良固定された犬であるといわれています。
テチチは15世紀末ごろ中南米一帯で飼育されていたようです。宗教的な儀式において神への捧げものとしてされていたり、あるいは食用犬として飼育されていたのではないかと推測されています。
現在のチワワは、アップル・ヘッド(後頭部が著しく隆起して、リンゴの様に丸くなった特徴的な頭の形)を持つ世界最小の犬です。

【チワワのかかりやすい病気】
・血友病A
・膝蓋骨脱臼

・口蓋裂
・乾性角結膜炎(ドライアイ)
・続発性緑内障
・角膜浮腫
・虹彩萎縮
・肺動脈弁狭窄症
・僧帽弁(そうぼうべん)欠損
・循環器系障害
・気管虚脱
・肩関節脱臼
・低血糖症 など
今回はこの中から、特に成長期の仔犬がかかりやすい低血糖症について書かせて頂きます。


【低血糖症とは】
体のエネルギー源である血糖値が60mg/dL以下の状態をいいます。目立った症状は血糖値が45mg/dL以下になった場合に認められる様になります。
新生犬や若齢犬の他、肝臓の病気や内分泌系の病気(甲状腺機能低下症・糖尿病など)にかかった犬にもみられやすい症状です。

【原因】
チワワを含むトイ種(ダックスフンド、トイ・プードルなど)の新生子や若齢犬は、肝臓の炭水化物の代謝が不十分な上、グリコーゲンの貯蔵能力にも限りがあります。
このため、食事量に対して運動量が多すぎたり、成長期の仔犬が十分な食事を摂っていない事により体内にエネルギーが十分に行き渡らなくなると重度の低血糖に陥ります。
嘔吐や下痢など、何らかの原因によって短時間(6〜12時間)絶食しただけでも低血糖を引き起こす可能性があります。

【症状】
最もみられる症状は一定時間をおいて起こる痙攣発作です。てんかんのような痙攣とは違い、持続性ではあるがあまり激しくない筋収縮です。これは30秒〜5分以内の短時間で収まります。
ほかに、後躯麻痺、虚脱、運動失調、異常行動、昏睡 などの症状がみられます。


【低血糖による発作に対する応急手当の方法】
・発作の最中に、糖分(砂糖や砂糖水など)を、犬の頬の内側あたりの口の中の粘膜に擦り付けるようにします。ただし、大量の砂糖水を流し込んで飲ませるなどして、急激に多くの糖分を与えてはいけません。
すると1〜2分ほどで回復傾向がみられるようになります。
※発作を終える頃咬む危険があるので口の中に指を入れたままにしないよう注意します。

・落ち着いてきたら、何か少量の食事を与えてから動物病院へ連れて行って診察を受けます。

【治療】
診断にあたっては、血液検査によって血糖値を測定します。通常は少量のブドウ糖を持続的に投与する治療を行うことで、低血糖症状を改善したり、低血糖による発作の再発を防ぐ事ができます。

【予防】
通常、普通の食事を取っていれば心配はいりません。
仔犬の時はお腹いっぱい食べさせてあげる。あるいは空腹時間を減らす為に1回あたりの量を減らして食事回数を増やすなどの対策が有効です。

特に、ペットショップやブリーダさんから新しい飼い主の所に来た時に環境の変化が起こります。
この環境の変化がストレスになり、食欲低下を起こす事があります。こういった時にチワワ等の小型犬は低血糖症を起こす可能性があります。
チワワなどの仔犬を新しく家に迎え入れた時は食事を摂っているか摂っていないか細かな確認が必要になります。
もし、この場合に半日以上食事を摂っていないと低血糖の心配が出てきますので動物病院や元のペットショップ、ブリーダーさんにご相談ください。



投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2015年9月28日 月曜日

プードルのかかりやすい病気②

前回、プードルのかかりやすい病気として糖尿病について紹介しましたが、今回は膝蓋骨脱臼という病気について説明していきます。

膝蓋骨脱臼とは、膝のお皿の骨(膝蓋骨)が正常な位置から外れた状態をいいます。

【症状】
◎グレードⅠ
・手で圧迫すると膝蓋骨は脱臼するが、圧迫をやめると正常な位置に戻る
・脱臼のある膝関節を曲げると、その膝を上げる
◎グレードⅡ
・手で圧迫したり、膝関節を屈折させたりすると、膝蓋骨は脱臼する
・手で整復するか、あるいは動物自身が関節を伸ばして脱臼と反対方向へ脛骨を回転させないと、脱臼した膝蓋骨は整復しない
・脱臼のある膝関節を曲げると、その膝を上げる
◎グレードⅢ
・ほとんどの場合、膝蓋骨は脱臼したままである
・膝関節を伸ばすと、手によって膝蓋骨を正常な位置に整復することは可能だが、関節を動かすと再び脱臼する
・動物はかがんだ姿勢をとる
・体重のほとんどを前肢にかけている
・O脚(内反脚)やX脚(外反脚)を示す
◎グレードⅣ
・膝蓋骨は常時脱臼していて、整復することはできない
・動物はかがんだ姿勢をとる
・体重のほとんどを前肢にかけている
・O脚(内反脚)やX脚(外反脚)を示す

グレードⅠ〜Ⅱの場合、若齢らか老齢まで発症時期は様々です。これは、膝蓋骨脱臼の素因を持っていた犬が、何らかの原因(滑ったり、転んだり等)によって発症するケースが多いためで、一度発症すると脱臼が習慣化します。
グレードⅡ〜Ⅲは生後2〜7週ころの発症が多く、グレードⅢ〜Ⅳは生後2〜3週の仔犬が歩行を始めるころ、異常に気づくようです。
歩き方がおかしいと感じたり、何かの拍子に脚を痛がったりする場合は一度受診することをお勧めします。

【治療】
軽度(グレードⅠ〜グレードⅡ)の場合、筋力トレーニングを行うことによって、健康な犬と同等の歩行を得ることも可能です。グレードⅡ〜グレードⅣの場合は、手術による治療が必要になることのほうが多いようです。また、再発する可能性もあるため、手術後も十分な管理が必要です。

【予防】
膝蓋骨脱臼は、交通事故や転落等の後天性原因も挙げられますが、ほとんどの場合が遺伝による先天性のものと考えられます。そのため根本的な予防は難しいですが、悪化を防ぐために次のようなことを気をつけましょう。
・フローリング等にはカーペットを敷くなどして滑りにくくする
・衝撃を和らげるような敷物を用意する(そういった商品も売ってあります)
・脚に負担がかかるような激しい運動は避ける
・適度な運動をさせる

プードルはぴょんぴょんと飛び跳ねるこが多いです。それによって骨・関節を痛める事があります。そうならないように、過剰な動きをさせないような工夫が必要になります。

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2015年9月26日 土曜日

プードルのかかりやすい病気

プードルの歴史は非常に古く、少なくとも500年前のドイツにおいて、現在でいうスタンダード・プードルが、すでにワーキング・ドッグとして活躍していたことが知られています。プードルは、水辺を走り回り、飼い主の仕留めたカモを集める回収犬だったのです。
やがてプードルはフランスへと持ち込まれ、当時の上流階級の婦人層によってもてはやされたことから、小型化が進み、現在のようなミニチュアサイズが作り出されたといわれています。また18世紀には、さらに小型化されたトイ・プードルも作られています。現在もプードルは人気がありますね。
今回は、そんなプードルの、かかりやすい病気について紹介していきたいと思います。


《プードルのかかりやすい病気》
・糖尿病
・膝蓋骨脱臼
・白内障
・副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
・甲状腺機能低下症
・免疫介在性溶血性貧血
・免疫介在性血小板減少症
・レッグペルテス病(大腿骨頭壊死症)
・アレルギー性皮膚炎     など

その中でも糖尿病について、説明していきます。

糖尿病とは、インスリン(膵臓から分泌されるホルモン)の産生・分泌が何らかの原因によって不足した場合に引き起こされる、様々な病態の総称です。

【症状】
・平均して8歳くらいから認められるようになります。
初期には、肥満・多食・多飲多渇・多尿・体重減少・元気消失が認められ、病気が進行するにつれて食欲不振・嘔吐・脱水を引き起こします。

お家で見ていて、水を飲む量が増えたなぁ、おしっこの回数や量が増えたなぁと感じたら、糖尿病の可能性もあるので(その2つが最初の兆候です)、受診することをお薦めします。特に、1日で100ml / kg 以上の水を飲んでる場合は要注意です。

【治療】
・脂肪・炭水化物の割合をおとして、たんぱく質の割合を高くした食事を与える。
 (当院では、糖尿病に対応したフードも取り扱っております)
・犬の場合はインスリンの注射が必要になります。
・猫は、食事や飲み薬でコントロールできる場合もあります。
・適度に体を動かす
・糖尿病になったら、水をたくさん飲むので、新鮮な水を常にたっぷりと用意しておく

【予防】
・適度な運動・体を使った遊び・散歩を心がける
・犬に適したバランスのとれた食事を与える
・肥満させないよう、また痩せ過ぎないよう適度な体重を心がける


プードルは、人間が好きで、頭がとてもいい犬種です。狩猟本能をかき立てるようなボール遊び、頭を使った宝探し(おやつを隠して探させる)、フリスビーなど、一緒に楽しく体を動かす遊びが好きなようです。

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2013年2月15日 金曜日

ダックスフンドに多い病気

ダックスフンドに多い病気について

椎間板ヘルニア
脈絡網膜形成不全
乾性角結膜炎など

なんといっても椎間板ケルニアです。
原因の多くは遺伝性のものです。軟骨異栄養症といって椎間板の髄核というところは、本来ゼラチンのようになるところですがこの場合軟骨のように変化してしまいます。そのため普通の椎間板よりももろくなっています。
そのためダックスは若いころより椎間板古ニアの危険性はついてまわります。
治療法は内科的療法(薬物療法)、ケージレスト(安静)、外科療法(手術)となっていきます。
手術をするかしないかは麻痺の程度や検査の結果や飼い主さんの希望などによってきめていきます。
遺伝が原因としてありますので防ぎようがない面はあります。しかし腰に負担のかからないような適度な運動と、適度な体型をたもつように食事管理に気をくばりましょう。

脈絡網膜形成不全も遺伝性の病気でこれは残念ながら治療法も予防法もありません。かかると失明します。この遺伝を持っているダックスは繁殖させないというのが唯一の方法と思われます。


 

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL

2013年1月 8日 火曜日

子宮蓄膿症

犬の病気で多いものの一つに子宮の中に膿がたまる子宮蓄膿症という病気があります。
犬は発情の出血が終わってから妊娠していてもしていなくても同じようなホルモンバランスになります。
そのため発情が終了した後、プロジェステロンというホルモンの量が増えます。そのため子宮に感染を起こしやすくなります。
特に年を取るにつれて感染する危険性が高まります。
子宮に膿がたまると細菌が出す毒素が全身に回りいろいろな影響がでてきます。
飼い主さんが気づく症状として外陰部から膿が出ていること、ただしこの症状はある場合とないばあいがあります。ほかには水をたくさん飲む、いよいよ進むと食欲元気がなくなります。
発見が遅れると毒素の影響により腎臓をわるくしたり脳炎をおこしたり子宮が破裂して膿が腹腔内を満たし腹膜炎を起こすこともあります。こうなると命にかかわります。
この病気があるために子犬を産ませないときめたワンちゃんはできるだけ早く避妊手術をしたほうがよいのです。

避妊手術は病気の予防にもなります。

投稿者 さとう動物病院 | 記事URL