• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2018年5月31日 木曜日

猫の社会化について

仔猫の社会化という言葉を聞いたことはありますか?
これから新しくネコちゃんを飼われる方には是非知っておいて頂きたい内容になります。

普段は穏やかなネコちゃんが、突然豹変することがあります。
それはなぜでしょうか...?

【猫の攻撃性の原因】
・遺伝
・脳疾患
・環境

今回はこの環境の中から、飼育状況について説明します。

house近年のネコちゃんはほとんどが室内飼いhouse
 理由 → ・事故を防ぐため
      ・外猫との接触を避けるため
            →・ケンカによる外傷
             ・感染症の予防
      ・近隣住民への配慮      など

house室内飼いの特徴house
 ・家族以外の人と接触が無い
 ・外を知らない
          など

cat室内飼いのネコちゃんに多い性格cat
 ・怖がり
 ・人見知り
 ・知らない場所がストレス    など
      ↓
   豹変につながる!

そうならないために必要なのが、社会化トレーニングです!
社会化トレーニングとは、外界の刺激に順応し、家族以外の人や動物と良好な関係を築けるようになるために行うトレーニングをいいます。

【社会化トレーニングを行う時期】
 生後2週齢〜7週齢がベスト
この時期は性格形成に大切な時期であり、様々な刺激を与える事で、人慣れしやすくなると言われています。この時期に身につけた性格は、生涯変わりにくいとされています。(社会化トレーニングはこの時期以降も継続すると良い)

【社会化トレーニングの方法】
①人に慣れるトレーニング
②猫の飼育頭数別トレーニング
③移動のトレーニング


①人に慣れるトレーニング
・訪問→知り合いの家や動物病院に遊びに行く
・来訪→知り合いに遊びに来てもらう
・散歩→公園、家の周り  など
  ・訪問先・家に来た知り合いになでてもらう
  ・おもちゃで遊んでもらう
  ・おやつを与えてもらう
  ・家の周りの景色を見せる
  ・外の音・臭いに触れさせる
などを行うことで人を好きになります

*注意 逃げないように!
・家の窓、ドアは閉まっているか確認
・キャリーケースに入れる
・逃亡の恐れのある場合は、洗濯ネットに入れてキャリーケースに入れる
・リードもあるが、リードは不安が残る


②猫の飼育頭数別トレーニング

cat多頭飼いcat
[長所]・猫同士のコミュニケーション
      本来母猫や兄弟猫との接触により身につけていく
    ・適度な運動
      猫同士で遊ぶ事によって適度な運動が得られる
[短所]・伝染病の蔓延
      伝染病に蔓延の心配があるので、2〜3頭が良い(多くて4頭)

cat1頭飼いcat
[長所]・人との関わりが深くなる
    ・伝染病の蔓延の心配がない
[短所]・猫同士のコミュニケーションがとれない
    ・運動不足になりがち
  →飼い主さんが猫の代わりをして短所をカバー
           (多頭会飼いの長所を理想とする)
   危害を加える恐れのない猫ちゃんの家に仔猫の頃から連れて行く

*注意 人間の手で遊ばせない!
噛み癖がついてしまう事があるので、必ずおもちゃを用いる
 ・猫じゃらし
 ・ボール
 ・ぬいぐるみ
(おもちゃは猫に見えやすい色を選ぶ)
よく見える→黄色・青・緑
 見えない→赤

③移動のトレーニング
・ハウストレーニング→キャリーケースに入る練習
・ドライブ→外界の刺激(車の音・振動 等)
・何も無くても動物病院に連れて行く→慣れ

(ハウストレーニングについては、以前のブログで詳しく書いていますcat
   → http://www.sato-ac.net/blog/2018/03/post-86-1431028.html )

*注意 逃げないように!
・キャリーケースに入れる
・洗濯ネットも活用する

hospital動物病院へ来院する際hospital


キャリーケースは天井部が開くタイプが良い
 ・出し入れがスムーズ
 ・ケースに入れたまま診察可能(症状による)


洗濯ネットは少し大きめのものを

人に対して警戒心の強い子は、病院に来た際に十分な検査や治療が出来なかったり、病院に行くストレスでさらに体調が悪くなってしまう場合もあります。
そういった事を防ぐ為にも、是非社会化トレーニングを行なって頂きたいと思っています。
子猫を連れて来られた飼い主様には、社会化についての冊子をお渡ししていますので、内容はこのブログと同じになりますが、目を通して頂けると幸いですhappy01

田篭


投稿者 さとう動物病院