• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2018年5月10日 木曜日

お散歩について

こんにちはshine
皆さんお花見は行きましたか?
私は去年、お花見に行けてなかったので、今年はグリーンパークでお弁当を持ってお花見をしてきましたnote
たくさんの方がテントを立ててお花見をしていましたよcherryblossomriceball

今回は、春はお散歩がしやすい季節ということで、お散歩について書いていきたいと思います。

まずお散歩に必要な物として、首輪や胴輪・リード・ビニール袋・ティッシュ等がありますが、
いろいろな所にオシッコをかけてしまう心配のある場合は、すぐに流せるようにお水を持っていくと良いかもしれませんgoodshine
また、首輪には迷子札や、狂犬病のワクチンを打って登録した際に貰う鑑札を付けておく事で、万が一逃げ出して他の方が保護した場合、飼い主さんとすぐに連絡を取る事が出来ます。

散歩での注意点と対策
・拾い食いcake
 →食べ物や、犬の気になる物が落ちていないか確認し、もし落ちていた場合避けて通るかすぐに拾うようにしましょう。

・他の犬や人とのトラブルdog
 →初めて会う犬には、いきなり近づけずに様子を見ながらコミュニケーションを取るようにし、どちらかの犬またはお互いが怖がっている様子があれば、近づけないようにしましょう。
  また、散歩中に人とすれ違う時は、出来るだけリードを短く持ち、いきなり飛びつく・咬んでしまう等のトラブルが起きないように注意しましょう。
  
・ノミダニ等による被害dogcat
 →草むらの中に入ったり、散歩の途中に草むらがある場合はノミダニが付く恐れがあるので、月に一回のノミダニ予防をしっかりとしておきましょうshine

・地面の温度sun
    →アスファルト等は気温の高い日(特に夏の日中)、とても熱くなっているので肉球がヤケドしてしまう恐れがあります。
       そういった日は日中の熱い時間帯は避け、朝方や夕方などの涼しい時間帯に行くようにしましょう。外に出る前に地面を触ってみて熱くないか確かめてから行くと良いかもしれませんflair

・道路への飛び出しrvcar
 →道路沿いや車の通りが多い道、道幅の狭い道は、リードを短く持って、音などにびっくりして飛び出したりしないように注意しましょう。


お散歩はワンちゃんにとっても飼い主さんにとっても、様々な人との出会いがあったりコミュニケーショんが取れる場なので、楽しくnoteそして安全にsign01お散歩ライフを送って下さいdogheart04
有馬祐香






投稿者 さとう動物病院