• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2018年3月24日 土曜日

ネコちゃんのキャリートレーニング

こんにちわhappy01 春ですね〜cherryblossom 暖かくなって過ごしやすいですねsign03

ところで、皆さんのお家のネコちゃんは、病院に来るとき、おとなしくキャリーケースに入りますかsign02

キャリーケースに入れようとしたら嫌がって隠れて出てこないsweat01入れるまでに30分かかったsweat01入れる事ができなくて病院に行くのを諦めたsweat01 との話を聞く事があります。

病院でされたあんなこと、こんなことimpact覚えてるんですねdash 病院に来る時のみキャリーケースを使うと、キャリーケース=病院hospitalと思い、キャリーケースをみただけで逃げ出してしまうケースが多いです。

そうならないようにするためには、普段からキャリーケースを部屋に置いておき、キャリートレーニングをしますflair

方法は、毎日あるいは時々、ドアを開いた状態のキャリーケースの中にネコちゃんの好物を入れておきます。もし、キャリーケースを警戒している様子なら、最初はケースの外、そしてケースの中のドアの近く、さらに少しずつ奥の方に置くようにします。ネコちゃんが自らキャリーケースの中に入って食べ、これを繰り返すうちにキャリーケースの中にすんなりと入ってくれるようになりますgoodそうなったら、ドアを閉め、好物を追加(もし好物を入れる隙間があれば、ドアを閉めたまま、その隙間から)して、短時間でドアを開けます。それができたら、徐々にドアを閉めておく時間を長くしていきます。

こうしてキャリーケースに入ることに慣れてくれれば、病院に来る際、飼い主さんの苦労が解消されるかもしれません。

災害時など、もしもの時もあるので、キャリーケースに入れるようになっておくのは大切だと思います。

また、病院から帰ってきた時、ネコちゃんが興奮している時もあり、その際はすぐにキャリーケースから出そうとせず、落ち着くのを待ち、ケースのドアを開けたら、ネコちゃんが自分から出てくるのを待つようにして下さい。興奮している時、飼い主さんに対しても攻撃する事がありますので、、、、dash








山崎さやか




投稿者 さとう動物病院