• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2018年3月13日 火曜日

お耳のお手入れ

こんにちわhappy01
最近は暖かい日も多くなり、いよいよ春が訪れようとしてますねcherryblossomshine

さて今回は、お耳のお手入れについて書いていきたいと思います。

まずお家のワンちゃんのお耳が大丈夫か簡単にチェックをしてみましょう!
・耳垢が出ていないか
・臭いはどうか
・痒がる様子はないか
・耳の中がただれていないか
・耳が腫れている感じはないか・・・など
お耳の状態をできれば毎日チェックしてみてくださいshine
美容院で定期的にお耳の掃除をしてもらっている子もトリマーさんに状態などを確認してみるのもいいかもしれませんねhappy01

お耳の病気で最も多いのが、外耳炎です。
これは、耳の中が炎症を起こしている状態の事をいいます。
原因は様々ですが、人間とは違ってお耳の構造上(L字型をしている)、湿気がたまりやすく細菌や真菌が繁殖しやすい傾向にあります。
中でも特に、垂れ耳の犬種や、プードル等の耳の中に毛が生えている犬種に多い傾向があります。
また、耳ダニによる感染症も外耳炎になる原因として多い物の一つです。

お耳の構造

お家で出来る簡単なお手入れ
綿棒を使って耳の奥を掃除しようとすると、耳の中を傷つけてしまったり、耳垢を奥に押し込んでしまう恐れがあるので、お家でお手入れをする場合は、
ぬるま湯で湿らせよく絞ったガーゼや、イヤークリーナーを使って、耳の入り口付近・シワの所を優しく拭いてあげて下さい。
お手入れの頻度としては、1週間または2週間に1回程度行ってあげてください。
お耳のチェックはこまめにしてあげてくださいねhappy01

お家でお手入れをする際に、あまりにも嫌がったりする場合は無理をせず、トリマーさんにお願いしたり、病院に連れて来て下さいhappy01
また、汚れや臭いが酷いなどお耳に異常が見られた場合は、病院に連れて来て下さいconfident
有馬祐香


投稿者 さとう動物病院