• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2017年1月17日 火曜日

ワンちゃん・ネコちゃんの中毒

突然気温がガクっと下がり、寒い日が続いていますねsnow
うちの愛犬リクは寒いのが苦手で、冬になると散歩に行く時は服を着せないとブルブル震えて動かなくなりますcoldsweats01

さて、今回は犬dogcatの中毒についてですdanger
飼い主さんがご飯を食べている時に、「ちょーだい!」と可愛い顔で見つめられると思わずあげたくなりますよねwobbly
しかしワンちゃん・ネコちゃんにとっては毒になる食べ物があります!今回はその中からいくつか紹介しますflair

spadeネギ類(タマネギ・長ネギ・ニラ・ニンニク等)
これは有名ですね!加熱しても毒性は残るので絶対に与えないようにしましょう。
ネギ類に含まれる成分が赤血球を破壊し、貧血を引き起こします。
酷い場合は死に至る事も。
【症状】
・貧血でぐったりする
・血尿 ・黄疸
・嘔吐 ・下痢
・歯茎や目の結膜が白くなる  等

spadeチョコレート(カカオ類)
こちらも有名なチョコレート中毒impact
カカオに含まれる成分が中枢神経を刺激し、中毒を引き起こします。
そのためカカオの含有量の多いビターチョコの方が危険性が高くなります。
【症状】
・嘔吐 ・下痢
・痙攣 ・不整脈
・発熱 ・脱水  等

spadeキシリトール
人には歯に良いとされるキシリトールですが、ワンちゃんにとっては中毒症状を引き起こしてしまうことがあります。
ワンちゃんがキシリトールを摂取すると、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌が過剰に行われ、低血糖を起こします。
キシリトールガム等はもちろん、キシリトールの含まれる歯磨き粉等も使ってはいけません。
【症状】
・嘔吐 ・虚脱
・痙攣  等

spadeレーズン・ぶどう
ぶどうの中毒の原因はまだはっきりと解明されていません。
しかし、ぶどうを摂取すると3〜5日後に急性腎不全になることがあると言われています。
平気な子もいるようですが、避けておいた方が良いでしょう。
【症状】
・食欲不振 ・嘔吐
・水をたくさん飲む
・元気が無い  等

この他にも、ワンちゃん・ネコちゃんに与えるのは注意が必要な食材が様々あります。
うっかり食べてしまった!!なんてことにならないように気をつけてあげましょうhappy01
うちの子たちも人が食事をしていると何でも欲しがるので注意して見てないといけませんwobblydanger
田篭 菜々美


投稿者 さとう動物病院