• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2015年2月26日 木曜日

カーミングシグナル

こんにちわshineもうすぐ暖かくなりそうな気配がしてきましたねnote

前回のブログにカーミングシグナルという言葉が出てきましたが・・・・

カーミングシグナルとは、不要な争いを避けるために自分の立場や感情を、身体を使って表現する事(ボディーランゲージ)です。

『Calming』は"落ち着かせる"、『Signal』は"信号"という意味です。

カーミングシグナルは、ノルウェーの動物学者であるTurid Rugaas(トウリッド・ルーガス)氏が提唱し、現在27個ほどに分類されています。

よく見られるカーミングシグナルを紹介していきますnotes


flair遊びの誘い
 尻尾を振りながら前肢を伸ばし、身体を低い位置に落としています。遊びの誘いや歓迎を表すシグナルです。

flairあくびをする
 少し怖がっているときや、ストレス・不安があるとき・嫌がっているときに見られる行動です。飼い主さんが怒ったとき このシグナルをみたら『もう怒らないで』と訴えています。

flair背中を向ける
 相手を落ち着かせるために行うとても強烈なシグナルです。相手を嫌がっている行動ではないです。

flairゆっくりと歩く
 他の犬を見つけると一旦停止します。その後ゆっくりと歩き出し何度か止まりながら犬に近づいて行きます。相手の犬か ら敵意があるのかないのかなどのメッセージを貰うために呼びかけています。

flair身体を横に反らす
 犬同士が近づいたとき、視線を避けるように身体を横にそらす行動。自分の脇腹を相手に見せて、相手に対して敵意はな いことを表します。この行動は犬同士だけでなく人間に対しても行います。

flair尻尾を振る
 大抵は好意を表しています。嫌なら振らない、少し嬉しいときは小さく振る、とても嬉しい(楽しい)ときはビュンビュ ン振るといった具合です。身体全体でワイパーのように振ったり、小刻みに振ったりする場合は友好的です。
 しかし全く逆のときもあります。それは尻尾をピンとあげてから小刻みに振ったり、ゆっくり上げたり下げたり、振る幅 が小さいときは、友好的ではないと表しているようです。

flair鼻を舐める、舌をペロペロ出す
 不安を感じ、ストレスがかかっていることを意味します。


いかがですかsign02ここで紹介したのは7つだけですが、普段見たことがあるシグナルもあるかもしれませんねcatface
動物は言葉が話せない分、耳・尻尾・口・舌・身体全体を使って私たち人間に気持ちを伝えようとしてくれます。その気持ちを少しでも感じとることができれば、よりよい関係が築けていけるのではないかなぁと思いますnote


                                  山崎さやか






投稿者 さとう動物病院