• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2014年11月18日 火曜日

●ゴマの去勢●

秋ですねnotes紅葉が綺麗な時期になりましたね☆中村は太宰府の台北展に
行ったついでに、紅葉見てきました!太宰府天満寓の横の光明善寺が綺麗でしたlovely
その日は紅葉見つつ、いろんな店の梅が枝餅を食べ歩きし・・・家に帰って体重計ると大変な事に(笑)
4個も食べたからですかね〜
皆様も食べ過ぎにはご注意を!!weepワラ

さてさて、ゴマの睾丸(タマタマちゃん)が去年よりやや大きくなった気がしたので、
先生に触ってもらうと確かに大きくなってると言われ、睾丸をエコー(超音波検査)
しました!!すると液体が溜まってるとの事!珍しいみたいです!たいていは腫瘍化して
大きくなりますが、ゴマは液体・・・
ほっておくと腫瘍になるかもしれないので、13才ですが手術をしましたsweat01
一番いいのは生後6ヶ月過ぎて若いうちに手術する方が負担が少なく済むのですが、どうしても母が手術したくないと拒んだので、高齢で手術になりました生後6ヶ月以降から手術できます!メスの場合、2回目の発情(出血)の前に手術をすると乳ガンや子宮や卵巣の病気も予防できます! オスの場合も若いうちに☆精巣や前立腺の病気を未然に防げます)

予約をし、前日は夜8時以降からご飯抜き当日の朝もご飯抜き!(水は与えて大丈夫です!)
なんとなくいつもと違うのでゴマも緊張してました!
 
最初に鎮静→留置→麻酔→気管チューブを気管に入れる→気管チューブから吸入麻酔・酸素吸入→心電図をつける→留置に点滴つなげる→自発呼吸(自分で呼吸する事)してるか常に確認→手術する所(メスを入れる所)広範囲でバリカン毛を刈る→
消毒(アルコール・イソジン)手術の場所によっては消毒の種類を変えてます→手術開始(犬の去勢(♂)の場合は約30〜50分)※お腹の中に睾丸がある場合は1時間がかかることも・・・
(猫の去勢(♂)は約10〜30分 猫・犬の避妊(♀)は約40〜1時間)
手術終了→目が覚める→ゲージへ(ゴマは13才なのでお迎えがくるまで点滴をします!※避妊や高齢手術の場合は点滴をします!


去勢(♂)はその日の夕方5〜8時お迎え。避妊(♀)は念のため1泊!手術の次の日お迎え(預かるのがストレスになるコはその日に迎えに来てもらう事もあります)
だいだい当日はボーッとしてフラフラしてますが、次の日は元気にしてるコがほとんどです☆当日は麻酔の影響で吐くかもしれないので、夕ご飯は半分〜3分の1におさえて、次の日から通常のご飯の量で大丈夫です!

ゴマも、麻酔から覚めてしばらくボーッとしてましたが、1時間もせずに立ち上がりウロウロしてましたhappy02
夕ご飯もガツガツ食べて散歩も行けました。(※抜糸するまではシャンプーやジャンプ・走らせたりはさせないように☆)

麻酔をかけたついでに、血液検査・エコー(超音波検査)・レントゲン・歯石除去もしてもらいました☆
留置を血管に入れるときに血液がとれますし、麻酔をかけてるので痛い思いや恐怖はないですし、動かないのでスムーズに検査できますwink
13才の高齢で心臓に雑音もありましたが、院長やスタッフを信じてましたので不安はありませんでしたhappy01むしろ・・・睾丸が腫瘍になり、それが悪性で転移して・・もう手のほどこしができない方が怖かったので手術を決意しましたcrying

嬉しい事に検査して心臓の雑音以外異常もなく、前は雄犬を見たら興奮してましたが今は素通りです☆顔つきが優しくなりました!(手術をして、しつけはしやすくなりますが・・・ゴマみたいにおとなしくなるコもいれば変わらないコもいます!)
目指せ☆20才!!!catface

まだまだ長生きして欲しいです
中村 薫



投稿者 さとう動物病院