• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2014年11月 6日 木曜日

シャンプー

こんにちわnotes
今回は、シャンプーの仕方について、書いていきたいと思います。(モデル:ピアちゃん)

シャンプーは、美容室に出したりしてる方も多いと思いますが、自宅で出来るようになると、また楽しいですよhappy02

必要な物は、シャンプー、コンディショナー(シャンプーだけでも、もちろんいいです)、タオル、ブラシ・クシ、ドライヤー です。

oneボトルの準備

基本、シャンプー・リンスは薄めて使いますshine病院から指示があって原液で使う場合もありますが(病院からお出しするシャンプーは、皮膚にいい成分が入っているので原液で使う物がほとんどです)、シャンプー液が皮膚に残らないように薄めて使います。大体3倍(シャンプー1:お湯2)に薄めます。
夏場はそのままでもいいですが、冬場は温かいお湯をはった洗面器などの容器にシャンプーボトル・リンスボトルをいれておき、使う時に温かさを保ってる方がいいです。全身に、冷たくなったシャンプー・リンスをかけられるのは寒いと思うので・・・・。

ちなみに、病院では、このようなシャンプーを取り扱っていますsign01



エピスース・アデルミル
 保湿作用のあるシャンプー。かゆみやアレルギーのある場合や健康な皮膚のワンちゃん、ネコちゃんにも。¥2600

ノルバサンシャンプー(コンディショナー配合)
 低刺激の抗菌薬用シャンプー。細菌感染を伴う皮膚疾患に。¥1800
 
マラセブ
 マラセチア皮膚炎のワンちゃんに。皮膚の上で増えすぎた菌を減らします。洗浄成分を配合しているので余分な皮脂分や 汚れを洗い流します。抗真菌薬と抗菌成分が含まれており、マラセチアの増殖を抑えます。 ¥2000
 マラセチアとは、真菌(カビ)の一種で、ワンちゃんの皮膚にいる常在菌です。健康な皮膚では問題になることはあり ませんが、何らかの理由で皮脂の分泌が増えすぎたり、アトピーや他の皮膚炎などで皮膚の抵抗が落ちると異常増殖し、 皮膚炎を悪化させる。 
 強い赤み・かゆみ、ベタベタしたり、独特の臭いがする脂っぽいフケを伴うのが特徴です。




 ビルバゾイル
 脂っぽくベタベタしやすい皮膚のワンちゃんに。皮脂を強力に取り除き、すっきりと洗いあげます。
 脱脂作用の強い過酸化ベンゾイルを含有するシャンプーです。過酸化ベンゾイルは、強い脱脂作用の他に抗菌作用も有す るため、脂漏性皮膚炎や膿皮症などに用いられます。脱脂作用が強いため皮膚が乾燥しやすくなるので、保湿が必要で  す。 ¥2800

twoブラッシング
ブラッシングをし、コームでもつれや毛玉残りがないかチェックをします。もつれや毛玉残りがある状態でシャンプーすると、もつれや毛玉が互いに絡み合い、余計にひどくなります。コームが引っかからずに通ると、OKですgood


three身体を濡らす
いよいよシャンプーを始めます。
まずは、身体を濡らします。お湯の温度は38℃くらいが最適ですが、季節にもよるので、飼い主さんがお湯に触れ、心地よいと感じるくらいが良いと思いますnote
毛を濡らすというよりも、皮膚を濡らすような感じで。シャワーヘッドを身体に密着させて、皮膚をなでるようにお湯をかけます。そうすると水圧がかからずそれほど暴れないと思います。
お湯をかけるのは、心臓から遠い所から。お湯に慣らし、驚かせないためです。後肢→お尻・腰→肩・胸・前肢、最後に頭という順です。頭を濡らす時は、耳にお湯が入らないように気をつけます。たとえお湯が入っても、頭をプルプル振る事で水分は飛ぶのですが、念のため・・・・。



fourシャンプー液をかける
十分に身体が濡れたら、シャンプー液をかけます。洗う部位にその都度シャンプーをかけて洗って・・・を繰り返してもいいし、一度に全体にかけて洗うのでも、どちらでもいいです。指のはらを使って皮膚をマッサージするように洗います。逆毛(毛の流れに逆らって)に洗うと皮膚までシャンプー液が届きやすいです。
顔を洗う時は、目にシャンプー液が入らないように気をつけます。シャンプー液を手にとって、泡立ててから洗うと洗いやすいです。顔にお湯をかけたり洗うのを嫌がったりする場合は、ガーゼを使ったりして洗います。あまりゴシゴシと強くこすらないように。(ピアちゃんはおとなしいですが、今回は写真を撮るため、ガーゼを使用しています)



この時に、溜まってそうだったら肛門腺を絞ります。肛門腺とは、肛門の少し斜め下にある(左右一対)臭いにおいのする分泌物の入った袋です。人間の指紋同様一頭一頭違うにおいです。仲間同士の挨拶(お尻のにおいを嗅ぎ合う)は、この肛門腺のにおいを嗅いでいるそうです。大型のワンちゃんは、便の時に一緒に排泄したりしますが、小型のワンちゃんとかは排泄しない場合があるので、シャンプーの時に絞ってあげるといいですshine溜まってしまうと化膿や炎症を起こしたり、ひどい場合は破裂したりします。
分泌液は、液体だったりクリーム状だったりと、個体差があります。絞りやすさも個体差があるので、無理はしないで下さい。絞り方は、尾を片方の手で持ち上げ、肛門を時計に見立てたとして、4時8時の部分を下から上に押し上げるようにします。かなり臭いwobblyので、まわりに飛ばないように気をつけて下さいsign03きちんと場所がわからなくて押さえると痛がるので、無理はしないで下さい。病院で定期的に絞ってるワンちゃんネコちゃんもいますよnote(通常は1ヶ月に1回で間に合うケースが多い)
(この写真は絞り終わった所なので、尾が下がり気味の状態です)


洗い流す場合は、頭からです。
ワンちゃんネコちゃんのシャンプーは、通常は2度洗いになります。同じような手順で洗い、液残りがないように、しっかりと流して下さい。


                                                                                                                つづく

投稿者 さとう動物病院