• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2014年10月27日 月曜日

☆珍しい犬種 No.4☆

こんにちはスタッフの橋本です。

11月に入って、朝と夜は大分冷え込んできました。お昼はまだ暖かいので服装が難しいですねー。
私は春物の上着しかないので夜に帰る時は流石に寒いですsad
新しいコートが欲しい...。

今回も珍しい種類のワンちゃんを紹介させて頂きます!


No.4 S・サラビちゃん(スタンダード・ダックスフンド)♀ 9.6kg 3歳




(原産)
 ドイツ
(毛)
 毛の短いスムースヘアード、柔らかく長いロングへアード、短い荒い剛毛のワイヤーへアードの大きく分けて3つ
(歴史)
 起源は最も古いものでは古代エジプトの壁画に酷似する犬種が刻まれている。
呼称はドイツ語でアナグマを表すダックス(Dachs)と犬を表すフント(Hund)の2語を合わせたもの(日本では英語読みの"フンド")
本来アナグマを獲るため、また、負傷した獲物の捜索及び追跡のために改良された犬種で特に地下での狩猟に適するように繁殖されてきた歴史がある。
19世紀頃、ミニチュアとカニンヘン(兎という意味)がスタンダードの入る事のできない小さな穴に入ってネズミや兎を獲る為に改良されて誕生したようである。
(サイズ)
スタンダード→体重9〜12kg
ミニチュア→生後15ヶ月を経過した時点で測定。体重5.0kg以下胸囲35㎝
カニンヘン→生後15ヶ月を経過した時点で体重3.2kg〜3.5kg
(日本での基準)
(性格)
 友好的で落ち着きがあり、神経質であったり攻撃的であったりということはない。情熱的で辛抱強い。
ただ、元々が猟犬であるがゆえに、時として攻撃的で負けず嫌いな性格を見せる事もある。
(気をつける病気)
 ヘルニア等の関節疾患、垂れ耳による外耳炎、地面が熱いときには熱中症(地面と腹部が近いため)


ミニチュアの子はよく見かけますが、スタンダードの子はなかなか見かけないですよね。
ぱっとみた感じでも大きいなーと思いますが、ダックスの特徴である短い脚で歩いてる姿はやっぱり可愛いですheart04

S様宅には、他にもダックスちゃんがいらっしゃるのでちょっと分かりにくいですがカニンヘンのティアモちゃんと大きさ比べ...catface
同じダックスでもこれくらい大きさに違いがあるんですね!


そして、こちらのティアモちゃんは毛がブラック・ソリッドという珍しい毛色だそうです!


ソリッドとは単色という意味ですが、ソリッドカラーと言われるものでも、足先等に違う色が混ざっている事が
あるみたいなのですが、ティアモちゃんは本当に真っ黒!毛並みもツヤツヤで綺麗ですよ〜。


おまけに、先日紹介させて頂いた犬種。イングリッシュ・コッカーの子が来院しましたhappy01



こちらもS様宅のワンちゃんです!このお鼻のぶちぶち模様がなんとも可愛いですね!

それでは、今回はこの辺で失礼いたします


橋本 早紀








投稿者 さとう動物病院