• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2014年10月21日 火曜日

☆ごまのワクチン☆

ホークス勝ちましたねsign01優勝おめでとうございますsign03
次の試合も頑張れsign03ホークスsign03ゴマもユニフォーム着て応援してます!!happy02

さてさて、中村家の犬・・・ゴマの毎年1年に1回のワクチンがやってきましたsign01
そして山崎さんの犬クライフちゃんもワクチンしてますsign01


(犬)
6種¥6480(税込み)キャナイン6種
9種¥8640(税込み)キャナイン9種

6・9種でアレルギー反応が出たワンちゃんは3種¥5940(税込み)ビルバゲン3種もあります。
(猫)
3種¥4860(税込み)フェロセル3種
6種¥5940(税込み)フィライン6種


(ワクチン)
子犬や子猫は母親からもらった抵抗力が残ってます・この抵抗力があるうちは病気に感染しません。
この抵抗力を移行抗体と言います!
この移行抗体がある時にワクチンを打つと、ワクチンの微生物をやっつけてしまうのでうまく免疫が作れない場合があります。
移行抗体が消える時期が生後42〜150日前後と幅広く個体によってもバラバラです!移行抗体を調べる検査もありますが、費用も手間もかかりますsweat02
そこで、一般的に初年度は生後60日(生後2ヶ月くらい)に1回打ち
1ヶ月後にもう1回(生後90日(生後3ヶ月くらいに1回))

の2回打ちになります!!

ペットショップやブリーダーさんなど母親と早めに離したり、他のワンちゃんやネコちゃんがたくさん集まる場所なので病気が広がらないように1回目のワクチン早めに打ってる所もあるので、ワクチンをいつ打ってるか確認してるといいですよ!
早めに打ってる場合、3回打ちになる場合もあります!

後は、お家に来て10日間はストレスがかかるのでワクチン打つのはさけていただいたほうがいいです☆
(※体調が悪い時も!!)

当院では・・・
犬3種と6種混合ワクチンの場合
生後60日で1回
生後90日で1回
(犬ジステンパー・犬アデノウイルス(2型)・犬パルボウイルスの3種類予防できます)
(犬ジステンパー・犬伝染性肝炎・犬アデノウイルス(2型)・犬パラインフルエンザ・犬パルボウイルス・犬コロナウイルスを6種類予防できます)

犬9種混合ワクチンの場合
生後60日で1回
生後100日以降で1回
(上の6種にプラスしてレプトスピラのカニコーラ ・コペンハーゲニー ・ヘブトマディスの3種類で合わせて9種類予防できます)

猫3種混合ワクチンの場合
生後60日で1回
生後90日で1回
(猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス・猫汎白血球減少症の3種類予防できます)
猫6種混合ワクチンの場合
生後60日で1回
生後100日以降で1回
(上の3種にプラスしてカリシウイルスが2種類と猫白血病ウイルスの6種類予防できます)
※ペットショップなどで60日前に打った場合3回打ちになる事があります!

なぜ犬の9種と猫の6種は生後100日以降なんだろう?と疑問に思いますよね?
それはワクチンが生ワクチン不活化ワクチンかによって変わってきます!

(生ワクチン)
弱い病原体を入ってるのが生ワクチンです
免疫がつきやすく持続しやすいのが特徴です
感染と似た状況を作るため、ワクチンを打ってパルボウイルスの検査をすると陽性になる事があります。
(不活化ワクチン)
死んだ病原体を入ってるのが不活化ワクチンです
持続が比較的短い

犬9種のレプトスピラ猫6種が不活化ワクチンにあたる為、打ち方が犬3種・犬6種や猫3種と変わってきます。
またの機会に詳しくブログで載せますねsign01

初年度のワクチンが終わると次回は毎年1年に1回になります☆

後は混合ワクチンの他に狂犬病ワクチンもあります!

昔に比べてウイルスにかかるワンちゃんは少なくなりましたが、かかるとかなり悲惨で苦痛を伴いますのでワクチンをして守ってあげましょうhappy01
中村 薫

ピアちゃんのシャンプー・・・おまけのナイスショットgood(※当院では基本シャンプー&カットはおこなってません)




















投稿者 さとう動物病院