• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2013年8月 1日 木曜日

※熱中症対策②※

まだまだ暑い日が続きますねcrying・・・熱中症対策の続きをアップしますね!

(散歩)
・行く前にアスファルトが熱くないかチェック
・早朝か夜に行く
・出来るだけ日陰を歩く
・海など日陰のない所に連れて行かない
・ちょっとの時間でも車の中に置いて行かない

(キャリーバック)
・バックに入れて移動するときは、保冷剤アイスノンをタオルにくるみ底に敷く
・水を定期的に飲ませる

(毛が黒い犬)
・白いTシャツを濡らして着せる

☆暑さに弱い犬☆
肥満気味の犬・老犬
鼻の短い犬・・・シーズー・パグ・ペキニーズ・ブルドッグetc
北方生まれ・・・ハスキー・ボルゾイ・サモエドetc
被毛が厚い犬・・・シェットランド・グレートピレニーズetc

★熱中症の症状★
初期・・・ハアハアと呼吸が浅く速くなる
要注意・・・ぐったり元気がなくなる・目が充血・口の粘膜が鮮紅色になる
応急処置をして病院へ・・・呼吸が速く粘り気のあるよだれを流す・体温41℃以上(肛門から測る)・痙攣や発作
(応急処置)
・外であればまず涼しい所へ
・首元・脇の下・後ろ足のつけ根に水道水をかけ、とにかく体温を下げる
(※氷水など、冷たすぎる水はかけない)
・水を少しずつ飲ませる


熱中症恐ろしいですよね・・・sweat01
 
私の犬は外で飼っているので熱中症にならないように短く毛を刈り、
直射日光を避けるために、"すだれ"をしたり西日がさす夕方は裏に移動させたり、
お水を全身にかけるなど暑さ対策をしています^^

猫ちゃんはワンちゃんより暑さに強いですが・・・それでも、この異常な暑さでは
熱中症になってしまいます!
(猫の熱中症対策)
・キャットタワーの上は直射日光に当たらないようにする
・キャットタワーの上にクールマットをひく
・水は常に置く
・長毛の猫は短刈る
・風通しをよくする
・出かける時はエアコンをつけて出かける

猫ちゃんは、湿度50~60% 温度25~29℃ が快適に過ごせます☆ 
 

猫ちゃんもワンちゃんもこの対策でこの夏を乗り越えよう~~~sign03happy02
中村 薫

 
 

 
 








投稿者 さとう動物病院

ACCESS

■住所:〒808-0144
福岡県北九州市若松区高須東
3丁目5-8
■最寄駅:折尾駅
■駐車場:8台

0561-72-3848
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら