• 予防接種はこちらへ
  • 皮膚病についてはこちらへ
  • 食事についてはこちらへ

スタッフブログ

2013年7月26日 金曜日

※熱中症対策①※

こんにちは^^
夏ですね~~~毎日暑いですねdown
飼い主様も、ワンちゃん・猫ちゃんも夏バテしていませんか?
中村は夏バテ対策として、今年漬けた梅干しと梅ジュースを毎日接種!!
後は豚肉と鶏むね肉をモリモリ食べてます~happy01

さて今日は熱中症対策について・・・
温度より湿度に注意!!!??

ご存じでしたか? 最近の研究によると気温22℃・湿度60%を超えると犬は熱中症になる
確率が高くなるそうです!!

室温23℃〜25℃で湿度50%が最適です!(老犬は体の負担が軽減されます)
蒸し暑い日はエアコンの温度設定を思いっきり下げるよりドライ設定で湿度を下げるほうが効果があります

(室内犬対策)
・換気を良くする
・日の当たる窓はカーテンを閉める
・水を常に置いておく
・市販のクールマットなど置く
・部屋の湿度を60%以下にする
・留守番をさせるときはエアコンをつけて出かける

(外犬対策)
・直射日光の当たる場所につながない
・風通しの良い日陰にいられるようにする
・コンクリートよりも土のある場所にいられるようにする
・水をまく(水を体にかけてもOK皮膚病の犬は皮膚の状態をみながら)
新鮮な水を常におく

夏は毛を短くカットするのも暑さ対策になります^^ 
※注意※・外犬の場合お腹の毛は刈らない(地面の熱から守るため)
      ・短くバリカンで飼った場合は直射日光に当てないように気を付ける
      ・ポメラニアンや老犬などなかなか毛が伸びてこない犬もいます

過去のブログの猫のI・ノンちゃん(ノルウェージャン)覚えてますか?

あんな長かった毛が・・・・
 
 
   

こんなに短くなりました~!!
猫ちゃんの皮膚は傷つきやすいので、家では無理をせず暴れるときは美容室にて綺麗にしてもらいましょう~^^


ノンちゃん、自分の尻尾だと思っていないみたいで、剃ってから尻尾でジャレて遊ぶそうです~^^

長くなったので一旦終わります☆
中村 薫


 



投稿者 さとう動物病院

ACCESS

■住所:〒808-0144
福岡県北九州市若松区高須東
3丁目5-8
■最寄駅:折尾駅
■駐車場:8台

0561-72-3848
お問い合わせはこちら 詳しいアクセスはこちら